TOPサマナーズウォー 攻略まとめWiki【最新版】 → 【サマナーズウォー】UT-play選手 vs おじいぺん選手【ミニ日本一決定戦】

【サマナーズウォー】UT-play選手 vs おじいぺん選手【ミニ日本一決定戦】

サマナーズウォー公式生放送12/27(木)に放送されたミニ日本一決定戦!の中での対戦ねくすと選手 vs まつ選手をまとめました。
どのような戦いだったのか気になる人はぜひ御覧ください。

サマナーズウォー攻略 TOP

UT-play選手のパーティ構成

チョイスされたモンスターは、ヴェラジュエル・ペルナ・黙龍・セアラ・テトラの5体。

先手ピックで真っ先に取りに行ったのはヴェラジュエルであり、これはおじいぺん選手のヴェラジュエルを使用させないため、先に抑える目的が大きいです。セアラ・黙龍・ペルナと大ダメージを与えるモンスターを用意しており幅広い攻撃手段を用意したピックになります。

モンスターの特徴と予想される戦術

黙龍の相刺相殺で減らしたHPをケアする回復2枚積みの攻勢だったものの黙龍がBANされ、セアラ・ペルナが中心のアタッカーとなりました。

おじいぺん選手のピックに全体に対する足止めモンスターがいない・エシャリオンのパッシブが怖くヴェラジュエルの最も魅力となる聖戦が扱いづらい点が注目です。逆に、強化効果を奪うエシャリオンのパッシブを潰す目的か強化効果を駆使するモンスターを採用しませんでした。

防御弱化を与えるモンスターがいないため、セアラの爆弾とペルナの火力が重要になるものの、トリアーナ・ジョセフィーヌがスタンをケアしてくるため非常に戦いづらくなります。トリアーナとプラティによる課題攻略がポイントになります。

おじいぺん選手のパーティ構成

チョイスされたモンスターは、エシャリオン・トリアーナ・プラティ・ジョセフィーヌ・ガロの5体。

ヴェラジュエルピックを予想してか、エシャリオンのピックに迷いがありませんでした。トリアーナ・プラティと抑えることで防御を固めた上にジョセフィーヌをピックしており防御寄りの構成です。ラストピックのガロがBANされたことによりエシャリオンがアタッカーの中心となりました。

モンスターの特徴と予想される戦術

ヴェラジュエルの免疫に対してエシャリオン。セアラの爆弾はトリアーナでケア、ペルナ・セアラのスタンはジョセフィーヌとスキの少ないピック。一方で攻撃の起点が少ない点をどう攻略するかがポイントになります。

エシャリオンで防御弱化を決め、火力を集中する必要があります。

試合の流れ

UT-playさんの先行となり序盤トリアーナに攻撃を集中するも、免疫を外すことができず、ジョセフィーヌのスキル2にてペルナを挑発されます。返しのおじいぺんさんは、ペルナを落とすためにエシャリオンのトリプルスマッシュで防御弱化を決め、後はプラティのスキル3にてペルナのパッシブによる蘇生を防ごうとしますが、UT-play選手のペルナには抵抗されてしまいます。

しかし、この後ジョセフィーヌ・エシャリオンと攻撃が続きペルナは耐えきれず落とされてしまいます。

UT-play選手の攻撃ではプラハ・トリアーナに爆弾をセットしてくも、ジョセフィーヌのシールドが固く決定打へは届きません。

ターニングポイント

今回の戦いはPIC&BANのタイミングで相手の戦略を潰しにかかったUT-play選手でしたが、おじいぺん選手の対ヴェラジュエルにエシャリオンを連れて行くPICが見事に刺さりました。

BANを考えた時に黙龍を抑えた事により、防御弱化による事故もケアすることができ、エシャリオンが動きやすい環境を作り出したことが見事でした。

どちらもお互いの手の内を知った上で、おじいぺん選手がピックでうまく抑え込んだ印象です。
ジョセフィーヌの挑発&反撃やパッシブのシールドによるダメージコントロール能力は脅威ですね。

ミニ日本一決定戦へ戻る

サマナーズウォー: Sky Arena

タイトル サマナーズウォー: Sky Arena
ジャンル ターン制ストラテジー、 多人数参加型オンライン ゲーム
メーカー COM2US
対応機種 iPhone/Android
著作権 © Com2uS Corp. All rights reserved.

サマナーズウォー: Sky Arena

Good!総数 0

  • コミュニティ数 1 / 名
  • コメント総数 0件

サマナーズウォー: Sky Arena コミュニティ

総コメント数 0
サマナーズウォー: Sky Arena の総合コミュニティです。質問・相談してみよう!
ページのトップへ戻る