TOPサマナーズウォー 攻略まとめWiki【最新版】 → 【サマナーズウォー】ねくすと選手 vs まつ選手【ミニ日本一決定戦】

【サマナーズウォー】ねくすと選手 vs まつ選手【ミニ日本一決定戦】

サマナーズウォー公式生放送12/27(木)に放送されたミニ日本一決定戦!の中での対戦ねくすと選手 vs まつ選手をまとめました。
どのような戦いだったのか気になる人はぜひ御覧ください。

サマナーズウォー攻略 TOP

ねくすと選手のパーティ構成

チョイスされたモンスターは、ハトホル・ジュノ・ラグドール・アルタミエル・アメリアの5体。

PICが後手で、ガニメデを見てからのハトホル・ジュノPICになります。
目立つ構成はアルタミエル・ラグドールのクリティカルを絶対許さないコンビ。更にアメリアが選ばれており、BANされない場合防御バフのついた強力なアルタミエルが襲ってくる形になります。

リーダースキルはクリ率PICと攻めの姿勢を見せています。

モンスターの特徴と予想される戦術

相手の構成だけを見るとジュノが若干仕事しづらい物の、ジュノが牽制したおかげでハトホルが仕事をしやすく、ハトホルで相手の行動を妨害し、ラグドール・アルタミエル・ジュノで各個撃破を狙う戦術が想定されます。

序盤のピックでジュノを選んだため、全体への弱化効果を牽制することにも成功しており、相手のペースを乱しつつ、強力なパッシブを持つ強力なモンスターで攻めていく構成となっています。体力が削れるとラグドールの一撃が重く、攻守をこなすアルタミエルの動きにも注目です。

まつ選手のパーティ構成

チョイスされたモンスターは、ガニメデ・ジャンヌ・蚩尤・ジュノ・元姫の5体。初手ピックでガニメデを取りに行き、蚩尤・セアラと攻撃速度24%リーダーを確保している点が注目です。

リーダースキルは効果的中を選択しており、より弱化効果や強化剥がしをしっかり決めていくことを重視しています。

モンスターの特徴と予想される戦術

蚩尤>ジャンヌ>ガニメデで相手の自由を抑え、セアラで落としていく形が想定さる流れです。

元姫がBANされていますが、こちらがBANされていなければロックが完成する恐ろしいコントロールパーティとなります。

試合の流れ

先手を取ったのはまつさんの蚩尤。全体剥がしを狙ったスキル3を放つも、クリティカルが入っているため、ラグドールとアルタミエルのパッシブが動きます。その結果攻撃順が変わりハトホルがスキル3で全体睡眠を行い、免疫のあったガニメデ以外を封じると、大きくねくすとさんに傾きました。更にアルタミエルのターン、ガニメデに対してスキル1にて強化解除が入り、更に絶望ルーンによるスタンまで決めます。更にラグドール・ハトホルと足止めを決めていきねくすとさんのペースで序盤を進めます。

まつさんのプレイングにも注目で、クリティカルを発動させるとラグドール・アルタミエルのパッシブが怖いため、あえて苦手属性を狙いクリティカルを外していくプレイングは見事です。
セアラの爆弾は、ねくすとさんのパーティ唯一の回復役であるアルタミエルへと狙いを定めます。戦術と暴走が噛み合いアルタミエルの撃破を行い、それぞれ3対3へと試合を動かしました。

試合が進み、ねくすとさんのハトホルによる2回目のスキル3で大きく勝負が決まり、ねくすとさんの勝利となりました。

ターニングポイント

初手の動き方が重要でした。特にラグドールのパッシブで攻撃ゲージの増加→ハトホルで序盤の動きを封じる流れは見事です。
序盤からマウントを取っており攻勢を強めていたねくすとさんですが、まつさんパーティの耐久力も脅威となります。

特にガニメデは攻撃を集中されていたにもかかわらず、しっかり魔封を打つまで耐えるなど見せ場を作っており、その後のセアラでアルタミエルを落とすなど、一方的な試合展開を許さず素敵な戦いを見せてくれました。どちらも免疫なしの状態異常を殴り合う試合展開となり、ハトホルの先延ばしにて勝負は決しました。

ミニ日本一決定戦へ戻る

サマナーズウォー: Sky Arena

タイトル サマナーズウォー: Sky Arena
ジャンル ターン制ストラテジー、 多人数参加型オンライン ゲーム
メーカー COM2US
対応機種 iPhone/Android
著作権 © Com2uS Corp. All rights reserved.

サマナーズウォー: Sky Arena

Good!総数 0

  • コミュニティ数 1 / 名
  • コメント総数 0件

サマナーズウォー: Sky Arena コミュニティ

総コメント数 0
サマナーズウォー: Sky Arena の総合コミュニティです。質問・相談してみよう!
ページのトップへ戻る