TOPRun Race 3D(ランレース3D) 攻略まとめ → 【Run Race 3D(ランレース3D)】レベル26 攻略

【Run Race 3D(ランレース3D)】レベル26 攻略

『RunRace3D』(ランレース3D)のレベル26に関する攻略情報をご紹介。ゴールまでの最短・オススメルートや注意点、1位を獲るための重要ポイントなどを解説しているので、『RunRace3D』(ランレース3D)を攻略する際の参考にどうぞ。

RunRace3D(ランレース3D)攻略サイト TOP

レベル26概要

スタート後にふたつの雲梯が設置されているのに加え、そこを過ぎると滑り台とターザンロープを交互に使用する道が続く、ほぼギミックで進むステージ。

また、ふたつめのターザンロープ終点付近に設置されたワープトンネルが重要で、このトンネルに入れるかどうかが勝負の鍵を握る。

 

最短ルート

まずは最初に訪れるふたつの雲梯で、下に落ちずに(罠にハマらずに)進むことが重要。また、雲梯を過ぎたら滑り台およびターザンロープの繰り返しとなっているが、ターザンロープに掴まれないといった状況にならないよう注意してほしい。

なお、滑り台とターザンロープは計3つずつ設置されているが、最短の道はふたつ目のターザンロープの横に設置されているワープトンネルへ入ること。

ワープトンネルへはターザンロープを滑り切る直前にジャンプすることでそのまま突入でき、トンネルを抜ければすぐにゴールとなる。

 

ワンポイント攻略

最初の雲梯は気持ち早めに離れる

スタート後に訪れる雲梯については、ひとつ目とふたつ目の間にスペースがあり、雲梯を渡る→スペース(足場)に着地&二段ジャンプ→ふたつ目の雲梯へ掴まるという流れになる。

ただし、このスペースはそこまで広くないため、最初の雲梯を最後まで渡り切った場合、間髪入れずジャンプしないと段差に引っかかって罠にハマってしまうケースも多い。そのため、最初の雲梯が終わる若干手前でわざと離れてスペースに着地し、余裕をもってふたつ目の雲梯へ跳ぶのがオススメ。

 

最初の滑り台へは二段ジャンプ等で突入

ひとつ目の滑り台に関しては、足場から二段ジャンプなどで突入し、滑る距離を長くすると効果的。滑る距離が短いとそれだけ勢いがつきにくく、滑り台への突入が遅れても十分な距離を滑った方が、結果的にNPCを抜けることが多い。

滑り台は壁にから伸びているため、ふたつ目の雲梯を抜けたらそのまま壁に向かって二段ジャンプを発動し、その勢いのまま滑り台に突入しよう。

 

ふたつ目のターザンロープを渡り切るのはNG

最短ルートでも説明した通り、ふたつ目のターザンロープの横にはワープトンネルが設置されており、そこに入るのが1位獲得の絶対条件。ワープトンネルに入るにはターザンロープからのジャンプが必須となっており、滑り切ってしまうとそのまま下の通路に落下=大きなタイムロスとなることを覚えておこう。

ただし、ジャンプが早すぎるとトンネルの入り口まで届かず下の通路へ落下してしまうので、可能な限りギリギリまで我慢してから跳ぶようにしてほしい。

 

『RunRace3D』攻略記事

その他のレベル攻略

レベル25 レベル27

RunRace3D(ランレース3D)攻略サイト TOP

Run Race 3D

タイトル Run Race 3D
ジャンル スポーツ
メーカー Good Job Games
対応機種 iPhone / Android
著作権 © GJG 2018

Run Race 3D

Good!総数 0

  • コミュニティ数 1 / 名
  • コメント総数 0件

Run Race 3D コミュニティ

総コメント数 0
Run Race 3D の総合コミュニティです。質問・相談してみよう!
ページのトップへ戻る