TOPRun Race 3D(ランレース3D) 攻略まとめ → 【Run Race 3D(ランレース3D)】操作方法

【Run Race 3D(ランレース3D)】操作方法

『RunRace3D』(ランレース3D)に関する操作方法をご紹介。コースを攻略するための基本の動きから、レースでNPCに差をつけるテクニックまで解説しているので、『RunRace3D』(ランレース3D)を攻略する際の参考にどうぞ。

RunRace3D(ランレース3D)攻略サイト TOP

移動はオート

レース中のキャラの移動に関しては全てオートで行われるため、ゴールまでのルートが複数存在する場合などを除くと、進行方向については気にする必要はない。

ただし、ジャンプ後の着地前などに壁や障害物にぶつかった場合は逆走してしまい、その際はある程度逆走すると自然と反転して正規のルートへ戻る。

逆走による失格はないものの大きなロスとなってしまい、1位獲得が非常に難しくなるため注意しよう。

ジャンプ

操作の基本となるのが「ジャンプ」。キャラの移動はオートで行われるため、障害物を避けたりギミックを活用するために必要なジャンプが最も基本にして最重要といえる。

ジャンプの仕方は簡単で、移動中に画面をタップするだけでOK。ジャンプできる距離は一定で、長押しや連打で距離が伸びるなどの仕様はないため、タイミングを見極めてジャンプするのが重要となる。

空中での二段ジャンプも可能

ジャンプして空中にいる際、再度画面をタップすると二段ジャンプが可能。足場までの距離が足りなかったり、ギミックを越えるための高さが足りない場合などに活用していこう。

 

壁に接した瞬間にタップで壁ジャンプ発動

壁ジャンプを駆使して壁を登っていく場合は、キャラが壁に接したタイミングで画面をタップしよう。一定のリズムで画面をタップすれば連続で壁ジャンプが発動するので、高い壁と壁の間でも難なく登っていける。

 

ギミックや障害物への対策

ステージには、ターザンロープ的なギミックや雲梯(うんてい)などが用意されているが、キャラが物を掴むための操作はなく、キャラがギミックに触れると自然とそのギミックを利用するシステムになっている。

また、ロープや雲梯などに掴まっている状態で画面をタップすれば、その位置からジャンプしてギミックから離れることも可能。なお、掴まって利用するタイプのギミックは、端まで到達すれば自然と離れるようになっている。

障害物もジャンプで攻略

各コースに用意されている障害物は種類も多く、二段ジャンプでも越えられない壁や、プールをはじめとした移動速度を大幅に減速させるタイプも用意されている。

特にプールなどに入ってしまった場合は、一発で抜け出るシステムが用意されておらず、ギミックの端にたどり着いてジャンプするしか脱出方法がない。できるだけジャンプを繰り返してなるべく早く前進し、罠から抜け出そう。

「伝い降り」でタイミングを調整

キャラクターが壁に到達すると、壁を伝って下に降りていく。コースによっては降りる途中でジャンプして通路に入った方が早い場合もあるので、ただ単に降りればいいというわけではないことを覚えておこう。

また、壁ジャンプで登っていく際に、通路側に突き出た壁が邪魔をしてスムーズに登れないといったこともある。そんなときは、伝い降りを利用して壁ジャンプのタイミングをズラし、障害物を避けていくのがオススメだ。

 

『RunRace3D』攻略記事

レベル攻略

レベル1

RunRace3D(ランレース3D)攻略サイト TOP

Run Race 3D

タイトル Run Race 3D
ジャンル スポーツ
メーカー Good Job Games
対応機種 iPhone / Android
著作権 © GJG 2018

Run Race 3D

Good!総数 0

  • コミュニティ数 1 / 名
  • コメント総数 0件

Run Race 3D コミュニティ

総コメント数 0
Run Race 3D の総合コミュニティです。質問・相談してみよう!
ページのトップへ戻る