TOPピックアップ声優・釘宮理恵さんが命を吹き込んだイチオシゲームキャラ5選!

声優・釘宮理恵さんが命を吹き込んだイチオシゲームキャラ5選!

  • Pick up!

「ゲーム性」や「提供メーカー」など、今やっているゲームをプレイし始めたきっかけは人によって様々だが、“キャラクターボイスとして誰が参加しているのか”に注目してきた人は多いのではないだろうか。

 

私もその1人で、新作タイトルのPVを見る際にボイスキャストのチェックを欠かすことはないわけだが、特に応援しているのが「釘宮理恵」さん。

 

釘宮さんは、TVアニメ『銀魂』シリーズの「神楽」のような元気一杯な少女から、『鋼の錬金術師』のエルリック兄弟の弟「アルフォンス・エルリック」のような落ち着いた少年役まで、幅広い役どころを見事に演じている、名実共にトップ声優のひとりだ。

 

今回はそんな釘宮さんが演じてきたキャラの中から、ぜひ注目してほしいオススメのゲームキャラ5人をピックアップしてみた。「実はあのキャラも釘宮さんが!?」なんて新発見があるかもしれないので、ぜひ注目してみてほしい。

『グランブルーファンタジー』より「ビィ」

まずは大人気アプリ『グラブル』から「ビィ」をご紹介したい。

 

 

本格スマホRPGとして多くのユーザーに親しまれ、先日リリース4周年も迎えた本作。

 

ビィはその明るいキャラクター性と周囲を勇気づけるやさしさで、いつもルリアやカタリナたち騎空団のメンバーを支えてくれている。また、ゲーム中のクエスト説明であったり、バトル進行中のガイダンス役としても欠かせないキャラだ。

 


もちろんビィはメインストーリーでも欠かせない存在。ストーリーを進行する際、釘宮さんらキャスト陣のボイスがフル収録されてるわけだが、個人的には元気と勇気の両方を感じられるこちらの門出のセリフがお気に入りだ。

 

 

またゲーム内で楽しめる四コマ漫画『ぐらぶるっ!』では、大好きなリンゴを食べるコミカルな姿や、本編では見られない戦闘シーンがとても愛らしく描かれている。
 

 

こちらの連載回数1000話記念イラストにて、“1000”の数字がビィで描かれてるように、彼は作中で色々な形にトランスフォームする。4/1のエイプリルフールには、その日1日限定でこの『ぐらぶるっ!』テイストのマッチョ姿のビィが登場する特別クエストや、彼が剣にトランスフォームする特別仕様の武器が登場した。

 

 

そのほかTVアニメにドラマCD化など、メディア展開も豊富な『グラブル』。

そのいずれのコンテンツにおいてもストーリーを盛り立てる愛らしいビィを釘宮さんがどのように演じているのか、キャラだけでなく彼女の手腕の高さも見どころのひとつだ。

『崩壊3rd』より「キアナ・カスラナ」

美少女たちが世界を守るために戦い抜くアクションスマホゲーム『崩壊3rd』。こちらでは、釘宮さんはメインヒロインの「キアナ・カスラナ」を演じている。

 

 

本格アクションゲームが楽しめる本作ではあるが、“長きにわたって文明の構築とその崩壊を繰り返してきた”という舞台設定も見応え十分。垢抜けたキャラ性でありながら、実は戦いで母を亡くし、父にも失踪されたという過去を背負いつつ世界を救おうとするヒロイン・キアナ役を釘宮さんがどのように演じているのか━━ぜひストーリーパートにも注目してほしい一作だ。

 

 

また、作中で使えるキャラでは、「キアナ(領域装・白練)」と「キアナ(聖女祈祷)」のように同名だけど見た目の違うヴァルキリーが複数登場。しかも、ただ見た目が変わるだけだでなく、使うスキルや性能が大きく異なっている。

 

 

 

この違いによって戦闘時のモーションにも変化が生じているほか、それぞれオススメの装備も異なるために戦略面の深みが増している。

またどのタイプもトップレアSSSまで強化可能なので、序盤に入手可能なものがすぐに活躍できなくなることもないので、ぜひお好みのキアナ見つけ育成してみてほしい。

『Fate/GrandOrder』より「織田信長」

2018年には待望の第2章が実装されることで大きな話題を呼んでいる『Fate/GrandOrder(FGO)』。

 

もちろんこちらでも釘宮さんは声を吹き込んでいて、その役は日本で最も有名な武将のひとり「織田信長」だ。

 

 

見た目からは尖ったイメージを受けがちな信長だが、彼女の原点は漫画家・経験値氏が手がけている「コハエース」というギャグ風にTYPE-MOONの歴史を振り返っているマンガ。『FGO』リリース前から宣伝マンガとしてゲーム公式サイトに掲載されている『Fate/ぐだぐだオーダー』に同作出身のキャラ・魔人アーチャーや桜セイバーらが登場し、その後、信長が正式にゲームに登場するようになっている。

 

信長は英霊として活躍を本編で見込めるキャラだが、ノッブとしても「FGO冬祭り 冬のファラオ大感謝祭」に巨大展示が行われたほか、2016年の『FGO』年末特番ではショートアニメ『Fate/ぐだぐだオーダー』にもメインキャラとして登場と広く活躍してる。もちろんそのCVも釘宮さんが務め、コミカルで愛らしい役どころを見事に演じていたのを二年の歳月が経った今でもよく覚えている。

『アズールレーン』より「ヴァンパイア」

通称『アズレン』の呼び名で親しまる人気ゲームでは、釘宮さんは「ヴァンパイア」役を演じている。

 

 

船艦を愛らしい少女たちに見立て、シューティングゲームを堪能できる『アズレン』。その中で「ヴァンパイア」は、吸血鬼らしいスキル「吸血鬼の口づけ」という与えたダメージの一部を回復できる性能の持ち主だ。

 

 

そんなヴァンパイアをメイン画面のキャラに設定すると、ログイン時に「今日はどんな色のを履いているか…知りたい?」と言ってくれる。ちなみに親密度が一定以上だと、その“色”について本当に教えてくれるので、気になる方はぜひ彼女をゲットし釘宮さんの声で答え合わせをしてほしい。

『ドールズオーダー』より「ガウェイン」

最後は、先日28日にリリースを迎えたばかりの新作ゲーム『ドールズオーダー』にて、「ガウェイン」役を演じていることもお伝えしておきたい。

 

 

機械の騎士「ドール」たちを操作し、ユーザー間でのアクションバトルが楽しめる本作。釘宮さん演じるガウェインもそのドールのひとりとして、すでに実装されているぞ。

 

 

ガウェインのプロフィールを見る中で気になったのは、真面目で強気な性格が感じ取れるところ。これは釘宮さんの代表作のひとつ『灼眼のシャナ』の主人公「シャナ」とかなり近しいところがあるのではなかろうか。

 

(出典:amazon.com)

 

 

シャナは頑固なところもあるが、使命感を持って目の前のことに全力で取り組む真っすぐな性格の持ち主。また甘党で大好きなメロンパンをよく食べてしまう子供っぽいところも、時折見せる詰めの甘さから周囲に残念な目で見られがちなガウェインの精神的な幼さと共通点があるように思える。

 

釘宮さんを応援する1人として、『ドールズオーダー』が放つスピード感溢れるバトルを楽しみつつ、シャナとガウェインを重ねつつキャラストーリーやバトル中の彼女のボイスを楽しんでいきたいと思う。

 

 

以上、今回は釘宮さん演じるオススメキャラの紹介をお届けした。

 

釘宮さんをはじめとする高い手腕を持つ声優陣の力により、ボイスを聞くことでそのキャラの内面を感じられることは少なくない。だから、プレイする際は可能な限りサウンドをオンにして楽しんでほしいと思う。

 

© Cygames, Inc

© 2015-2018 miHoYo Inc. ALL RIGHTS RESERVED.

©TYPE-MOON / FGO PROJECT

© 2017 Manjuu Co.ltd & Yongshi Co.ltd All Rights Reserved.  © 2017 Yostar Inc. All Rights Reserved.

©2018 gumi Inc. All Rights Reserved.

©高橋弥七郎・メディアワークス/『灼眼のシャナ』製作委員会

ページのトップへ戻る