App 総合情報サイト / アプリスタイルWeb

メニュー
TOPアズールレーン攻略まとめ → 3-4で赤城と加賀をねらえ! ステージ周回のススメ

3-4で赤城と加賀をねらえ! ステージ周回のススメ

  • 11.28 18:00

 『アズールレーン』というアプリを遊ぶにあたって、ほぼすべてのユーザーが最も多くのプレイ時間を割いている要素はやはり特定ステージの“周回”。当然それには理由があります。今回は、ステージを周回をするメリットと序盤のおすすめ周回ステージ、効率的な周回方法について解説していきます。これから本格的に『アズールレーン』を遊んでみようと思っている方はぜひ参考にしてみてください。


 まず、特定のステージを周回するメリットは大きく分けて3つあります。1つ目は経験値の入手、2つ目は装備設計図の収集、3つ目はキャラクターのドロップです。もちろんその他にも資金や強化素材の入手など多くのメリットがありますが、周回をするに当たって目標とするのは多くの場合この3つになります。特に3つ目のキャラクターのドロップについては、特定のステージではレアリティがSSRキャラクターの入手も狙えるため、この入手が周回の代名詞にもなっています。


■3-4周回で赤城と加賀の入手を目指せ!

 周回のメリットを大まかに理解してもらったところで、このアプリの最初の大きな目標である3-4周回を目指してステージを攻略していきましょう。基本的には手動で戦闘を操作して攻略していき、攻略に詰まったらひとつ前のステージでレベルを上げて再チャレンジ。という流れでの進行がおすすめ。

 艦隊の構成はこの段階ではそこまで深く考える必要はありませんが、レアやSレアのキャラクターを多めに育てておきましょう。SSRのキャラクターは育成に必要な素材の入手が比較的難しく、あまり多く編成すると育成が滞りやすいです。また、出撃時の消費燃料も多いので、いざ3-4周回に乗り出すときに使いづらい場合があります。

 3-4周回に到達するまでのレベル上げには、SRの空母である蒼龍と飛龍がドロップする3-4以外の3章ステージの中から自律戦闘でクリア可能なものや、同じくSRの空母であるレキシントンやSRの戦艦ロドニーがドロップする2-4などがおすすめです。

 見事3-4までたどり着くことが出来たら、一度自律戦闘で3-4を攻略できるか試してみてください。もし攻略できたならそのまま3-4周回をスタートしてしまって問題ありませんが、自律戦闘ではクリアできない場合もあるはず。その場合はもどかしいかもしれませんが、引き続き前述したレベル上げにおすすめなステージをを自律戦闘で周回しましょう。


▲自律戦闘では魚雷の回避を失敗しやすいなどの危険もありますが、やはり眺めているだけで戦闘してくれるのは長時間のプレイでは非常に便利。

 

 3-4が自律戦闘で周回できるようになったなら、3-4周回のスタートです! ドロップするキャラクターにはSSR空母の赤城と加賀があるほかに、装備の設計図も役立つものがそろっています。特に自動回復が付いている応急修理装置はできるだけ多くのキャラクターに持たせたい装備です。これらの入手を目指して全力で周回しましょう!


▲赤城と加賀はスキル“一航戦”により同時に艦隊に編成すると航空の能力値が大きく上昇する強力な空母です。もうひとつのスキル“先手必勝!”も1度目の艦載機攻撃が早まる非常に強力なスキル。


■低燃費艦隊で効率的に周回しよう

 いざ自律戦闘で3-4をクリアできるようになったとしても、ひとつ注意点があります。それは艦隊の消費燃料。つまり1回出撃するに当たって、その艦隊に編成されたキャラクターが消費する燃料の合計値です。これが高すぎるとすぐに手持ちの燃料が切れてしまい、長い時間ステージを周回することが出来ません。多くプレイ時間を割けない場合はあまり困らないかもしれませんが、いざ時間を作って周回を始めたのにすぐに燃料が切れてしまい、ほとんど周回できないまま燃料の回復待ち。ということになってしまっては興ざめですよね。そのためにも燃料消費をできるだけ少なくして出撃するのがおすすめです。


最大戦力を投入しようとすると消費燃料が70に……! これで周回というのは流石に厳しいものがあります。


 もちろん最大戦力で挑んでぎりぎりボスに勝利できるという状態では消費燃料を減らすのは難しいので、ある程度レベルが上がるまではそのままの艦隊で大丈夫です。そもそもレベルが低いキャラクターは消費燃料が低いので、この状態は消費を削って周回しているのと近い状態でもあります。

 もし戦力がそれなりに整っていて、3-4はボスとの戦闘も余裕をもってこなせる。という状態であればぜひ消費燃料の削減を狙ってみましょう。まず一番単純に消費を削ることができるのは出撃させるキャラクターを減らすこと。ただし、当然ですが戦力も下がるので、1体ずつ減らしながら出撃を繰り返し、ギリギリのラインを探ってみると調整しやすいと思います。

 さらに、レアリティや艦種、限界突破の回数でも変わってくるので、限界まで燃料の消費を削るなら、これらを駆使しで艦隊を組むことになります。しかし、すぐにこれらすべてを実践するのは難しいので、まずは今後使用予定のキャラクターのレベル上げを兼ねて艦隊に組み込みつつ、最低限の戦力は確保できるように、ある程度レベルの高いキャラクターを一緒に出撃させる。という形がおすすめです。

 これはスキルレベル上げや、複数キャラクターの育成が前提になるので、3-4周回開始直後にはすこしハードルが高いのですが、駆逐艦フレッチャーのスキルを活用した編成が、周回用艦隊としては非常におすすめです。フレッチャーはいっしょに出撃したフレッチャー級駆逐艦を強化するスキルをもっており、フレッチャー級駆逐艦にはノーマルなどの低レアリティキャラクターがそろっています。そのため、高い戦力を持った低レアリティ艦隊を編成することが可能なんです。周回を本格的に行う際はぜひ育成してみてください。


▲出撃艦を3枠に絞り、レベル上げを兼ねた構成にすると、消費燃料は21になりました。


▲スキルレベルを上げるのは時間がかかるので、後に育成する予定があれば早めに上げ始めておこう。


 燃費の目安としては20前後の燃料消費で出撃できるとそれなりのスピードで周回しても、委託や海軍食堂からの燃料供給でもある程度間に合い、かなりの長い時間周回を重ねることができます。

 出撃するキャラクターの数は、2体か3体ぐらいがおすすめですが、2体編成の場合はある程度育ったキャラクターでないと、通常の戦闘は問題なくても、ボスとの戦闘が厳しくなってしまいがちです。これについては、第2艦隊にボスと戦うための3艦編成の艦隊を別に用意する。という手もあります。少し操作の手間は増えますが、さらに消費燃料を抑えた周回が可能になります。

 ちなみに3-4では、ボスとの戦闘でのみ赤城と加賀がドロップします。なので、ステージへの突入ごとにかかる燃料を差し引いても通常戦闘を最低回数の3回に抑え、ボスとの戦闘を含めた最低戦闘回数の4回の戦闘で周回するのがおすすめです。

 これには、プレイ時間や消費燃料に対する赤城と加賀のドロップ率を上げる意味もありますが、通常の戦闘マスよりもボスとの戦闘マスの方が経験値やそのほかのドロップ品も良いものがそろっているので、全体的な周回効率の上昇にもつながります。


▲3-4には弾薬補給マスがあるので、弾薬が満タンか1つ減った状態だと10%の火力上昇バフがかかることを活かしての攻略もおすすめ。


■3-4を超えて、さらなる高みへ!

 3-4の周回に満足したら、さらに次の周回場所までステージを進行してみましょう。3-2や3-4の周回で限界突破を3段階までできる70レベルに到達したキャラクターを2艦隊分、12体用意できると以降の攻略がかなりスムーズになります。

 そこまで育っていなくても、戦力がある程度整ってきたと感じたら、5-1辺りのステージまで足を延ばしてみるといいかもしれません。うまく周回できれば3-4ではレベルが上がりづらくなってきたキャラクターたちのレベル上げもはかどるでしょう。この後は必要な装備の設計図がドロップするステージや、欲しいキャラクターがドロップするステージを攻略してくことになります。

 以上がステージ周回までの流れと、効率的な周回方法の解説になります。今回は序盤から周回ができ、魅力的な戦利品が獲られる3-4を中心とした紹介になりましたが、現在『アズールレーン』には8章までのステージが実装されていて、キャラクターのドロップはもちろん装備の設計図を収集する意味でも魅力的なステージはまだまだたくさんあります。今後もアプリスタイルでは、さらに上級者向けの周回ステージの攻略も行っていくので、ぜひ今後もチェックしてみてください!
 

アズールレーン

タイトル アズールレーン
ジャンル シューティングゲーム
メーカー 株式会社Yostar
対応機種 iOS/Android
著作権 アズールレーン